top of page
手術用具

口腔外科

親知らずの抜歯

他の永久歯は通常13歳前後までに生え揃いますが、それからかなり遅れて、親知らずは20歳前後に生えてきます。綺麗に生えていれば無理に抜歯する必要はありませんが、まっすぐ生えることは珍しく、斜めに生えたり、真横に生えたりしてしまうことが多いです。傾いて生えた親知らずは、他の歯を圧迫して歯並びを乱したり、歯ブラシが届きにくく不潔になりやすかったりするなど、様々な悪影響をもたらします。
親知らずの抜歯がすすめられる場合
x-ray003.png
1. 生え方には問題がないが、歯磨きが上手にできない
2.歯の一部だけなど、中途半端な生え方をしている
3.横向きに生えてきてしまっている

顎関節症

口を開けるときに痛みが伴う、口が開かなくなる、食事をする時に顎が鳴るという症状がある場合は、顎関節症かもしれません。原因も人によって異なり、歯ぎしり・頬杖・姿勢が悪い・精神的ストレスなど、様々な可能性が考えられます。
軽度であれば自然に治癒することもありますが、放置してしまうと、突然激痛が走ったり、肩こりや頭痛など全身の健康に影響したりします。悪化してしまう前にご相談ください。

顎・歯・顔面の外傷

スポーツ時の転倒や事故などで、歯が欠けてしまった・抜けてしまった、顎の骨を骨折してしまった場合は、口腔外科を受診してください。
なんらかの外傷により、歯が抜けてしまった、歯がグラグラしている場合は、迅速な対応が必要です。万が一歯が抜けてしまった場合も、すぐに治療を受ければきちんと戻る可能性があります。抜けた歯は牛乳に漬けて、乾燥させないようにしてお持ちください。また、このような緊急の場合は、ご来院前に必ずお電話をください。
bottom of page