top of page
歯科助手

インプラント

インプラントとはどんな治療?

 インプラント治療とは、歯の失われた部分の顎の骨に人工的な歯の根っこを埋め込み、その上にセラミックなどで作られた人工の歯を被せる治療方法です。
 日常生活における違和感や痛みに悩まされることがないので、自分の歯と同じような感覚で、食事や会話を楽しむことができます。
implant-compare005.png

インプラントのメリット・デメリット

メリット

天然歯と同じように、しっかりと噛める
見た目が良い
周りの歯に負担をかけない
入れ歯やブリッジのような違和感がない
デメリット

手術が必要
保険がきかず、費用が高額
治療期間が長い

こんな人におすすめ

健康な歯を削りたくない
 ブリッジ治療では、抜け落ちた歯の左右両隣の健康な歯を削ることで、土台としてブリッジ治療を行います。
 左右両隣の健康な歯を傷つけずに、歯を固定する土台を埋め込みます。
 これにより、見た目にも自然で美しく、健康な歯へ負担をかけない治療ができます。
なんだか入れ歯がしっくりこない
 部分入れ歯では左右の歯に金属のバネを掛けるので、そのこと自体が違和感になります。
 歯が抜け落ちた部分へ、人工歯根であるインプラントを埋め込みます。
 金具が左右の歯へ影響することなく、違和感なく自分の歯のように噛むことができます。
入れ歯が動く
 入れ歯が動いてしまうと、咀嚼(そしゃく)が難しくなり、適切な栄養摂取ができないばかりか、発音や発声などコミュニケーションに不便を感じることがあります。
 入れ歯をしっかりと固定し、グラつきや、動くことがなくなります。
 複数本のインプラントを埋め込みますので、引っ掛けるだけの入れ歯よりも、しっかりと歯を固定し、よく噛む事ができるため、便利です。
bottom of page